岡本太郎記念館
top
新着情報
exhibitions
現在の企画展 次回の企画展 過去の企画展一覧
information
明日の神話
岡本太郎現代芸術賞
岡本太郎関連書籍
利用案内岡本太郎記念館について
TaroPass port
events

過去の企画展一覧
archives
岡本太郎年表
論評・コラム
アトリエ
リンク Taro cruise360°

岡本太郎の「生命体」

 

題不詳 制作年不詳

開 館 時 間 :10:00 - 18:00
展 示 期 間 :2015年2月18日(水)〜2015年6月14日(日)
休 館 日:火曜日(祝日の場合は開館) 

割引クーポン(100円引)ダウンロードはこちら
☆ギャラリートークの日程はこちら

 

《生命の樹》は全体がひとつの“生命体”なんだ。

 太陽の塔を構想したとき、岡本太郎はその胎内に“生命体”を内蔵させようと考えました。
アメーバから人間にいたる、すべてのいきものが一体となって組織するひとつの生命体。それが《生命の樹》です。それは動脈となり、リンパの流れとなって太陽の塔に生命(いのち)を吹きこんでいたのです。
 岡本太郎が《生命の樹》で表そうとしたのは、生きとし生けるものを根源で支える“生命(いのち)のエネルギー”でした。そしてそれこそが、岡本芸術の根底に流れるテーマだったように思います。
 パリの街角、盛られた果物、横たわる裸婦、…。同世代の洋画家たちが好んで描いた画題を、太郎は一枚も描いていません。彼が描きつづけたのは生命(いのち)であり、そこに宿るエネルギーの強さと尊さでした。
 本展では、太郎が描いた生命(いのち)の数々をご覧いただきます。ときに激しく、ときにユーモラスに語りかけてくる<いきもの>たちをどうぞお楽しみください。
 さらに、本展会期中には、第17回岡本太郎現代芸術賞で太郎賞を受賞したキュンチョメと、敏子賞を受賞したサエボーグの特別展示も行ないます。ご期待ください。

岡本太郎記念館 館長 平野暁臣

同時開催 第17回岡本太郎現代芸術賞受賞作家展 

【岡本太郎賞受賞】 キュンチョメ
会期:2015年4月上旬〜4月下旬予定


【岡本敏子賞受賞】 サエボーグ
会期:2015年5月下旬〜6月14日(日)予定


『インターネット割引クーポン』
下記よりダウンロード頂けます。印刷してご利用下さい。


■ギャラリートーク(※予約不要)
館内展示作品解説を交え、岡本太郎の魅力をたどっていきます。
(15分〜20分程のご案内になります)

3月12日(木) 14:00
4月17日(金)14:00
5月13日(水)14:00
6月8日(月)14:00
※日程は稀に変更になる場合がございます。ご了承下さい。

 

展示協力:  株式会社テン

 
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI