岡本太郎記念館
top
新着情報
exhibitions
現在の企画展 次回の企画展 過去の企画展一覧
information
明日の神話
岡本太郎現代芸術賞
岡本太郎関連書籍
利用案内岡本太郎記念館について
TaroPass port
events

過去の企画展一覧
archives
岡本太郎年表
論評・コラム
アトリエ
リンク Taro cruise360°

創造のゆりかご —岡本太郎のアトリエ

 


開 館 時 間 :10:00 - 18:00 (火曜日休館)

展 示 期 間 :2014年3月15日(土)〜2014年6月30日(月)

※ギャラリートークの詳細はこちら

『創造のゆりかご ―岡本太郎のアトリエ』展
【関連イベント】
講   演:「アクトする空間ー岡本太郎と坂倉準三」
特別公開:旧岡本太郎邸二階

※通常開館中は非公開スペースです
開催日:2014年4月22日(火)/完全予約制 詳細はこちら

 
  
1954年、岡本太郎は幼少期を両親と過ごした南青山に念願のアトリエを構えます。
新たな芸術運動の拠点にしたいとの思いからこの場所を現代芸術研究所と名づけ、 パリで体得した20世紀芸術の精神を日本に伝えようとしました。
設計を依頼したのはパリ時代の盟友・坂倉準三。ル・コルビュジェのもとで建築を学んだ日本を代表する建築家で、現場はコルビュジェ最後の弟子・村田豊が担当しました。乏しい予算のなかで、ふたりは岡本太郎にふさわしい独創的な建築を仕上げます。
アトリエの完成は太郎の創作領域を一気に広げました。それまで絵画を描くだけだった太郎は、この建築に触発されるように、壁画、彫刻、陶芸、プロダクト、グラフィック、写真など、新しい表現ジャンルを次々と開拓していきます。
1996年に亡くなるまで、太郎はここを離れませんでした。太陽の塔、明日の神話、こどもの樹…、すべてここで生まれました。この場所こそが岡本芸術のゆりかごなのです。
本展ではアトリエ建設とその後の創作活動を象徴する作品を展示します。あわせてTARO空間を体感できるコーナーも設けました。どうぞお楽しみください。

岡本太郎記念館 館長 平野暁臣


News Bulletin Concerning the Upcoming Special Exhibition

The Cradle of Creativity—Taro Okamoto’s Studio
Period: Early March 2014 – June 30 (Monday)

In 1954 Taro Okamoto finally realized his wish to open a studio on the site of the family home in Minami Aoyama where he had passed his childhood with his parents.
His objective was to create a base for a new art movement and so he named it the ‘Gendai Geijutsu Kenkyujo’ (Institute of Esthetic Research).
He tried to transmit the ‘spirit of 20th century art’ that he had experienced in Paris to Japan.
The design for the studio was carried out by a close friend from his Paris days, Junzo Sakakura, a leading Japanese architect who had studied under Le Corbusier. The construction was handled by Yutaka Murata who had been the final pupil to study under Le Corbusier. Although working within the restraints of a limited budget, these two architects succeeded in creating an original building perfectly suited to Taro Okamoto.
The completion of the studio allowed Taro to expand the range of his creative activities. Prior to this he had been known as Taro the painter, but inspired by this building, he began to pioneer work in a huge variety of genres, including murals, sculpture, pottery, product design, graphics, photography, etc.
He never moved from this site right up to his death in 1996. The ‘Tower of the Sun’, ‘Myth of Tomorrow’, ‘Tree of Children’… all of these great works were created here. It is a space that can truly be described as the ‘cradle of Okamoto’s aesthetics’
This exhibition will present the studio building and works that symbolize his subsequent creativity. In addition there will be a special corner where visitors can experience the ‘TARO space’. We hope that you will enjoy it.




■ギャラリートーク(※予約不要)
館内展示作品解説を交え、岡本太郎の魅力をたどっていきます。
(15分〜20分程のご案内になります)

4月18日(金) 14:00
5月14日(水)14:00
※日程は稀に変更になる場合がございます。ご了承下さい。

 

展示協力:坂倉建築研究所北村紀史(元坂倉建築研究所/魁綜合設計事務所)/株式会社テン

 
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI