岡本太郎記念館
top
新着情報
exhibitions
現在の企画展 次回の企画展 過去の企画展一覧
information
明日の神話
岡本太郎現代芸術賞
岡本太郎関連書籍
利用案内岡本太郎記念館について
TaroPass port
events

過去の企画展一覧
archives
岡本太郎年表
論評・コラム
アトリエ
リンク Taro cruise360°

岡本太郎の言葉

 

書斎で執筆する岡本太郎1955年

開 館 時 間 :10:00 - 18:00 (火曜日休館)
展 示 期 間 :2014年10月1日(水)〜2015年2月15日(日)

割引クーポン(100円引)ダウンロードはこちら
☆ギャラリートークの日程はこちら

 

 岡本太郎は生涯にわたっておびただしい数の著作や文章を残した。太郎ほど言葉に情熱を傾けた芸術家はほかにちょっといないだろう。
 伝統、文化、縄文、沖縄、メキシコ、スキー、男女の機微…。まじめな芸術論から軽妙なエッセイまで、テーマもジャンルもじつに多彩だが、いずれも最後はひとつの命題に行き着く。
 どう生きるか″だ。
 己れをつらぬけ、平気で闘え、自分のスジをまもれ、マイナスに賭けろ…。
 太郎はどう生きるか″を公言し続けた。むろん理屈や評論ではない。ひたすら「オレはこうする」と言うだけだ。太郎のすごいところは、言ったことをすべてそのままやってみせたこと。自らの信ずる生き方を駆け引きなしで世間にさらし、それをそのまま自分の人生を賭けて実践した。
 思ったことは言う。言ったことはやる。愚直なまでの言動一致。
 そこがカッコいい。だから説得力がちがう。
 いまも太郎の言葉がぼくたちの胸にまっすぐ届くのは、太郎がほんとうのことしか言わなかったからだ。頭にあるのはものごとの本質、根源、原点だけ。打算や保険がまぶされていない純度の高さは尋常ではないし、揺るぎない信念には比類のない強度がある。
 太郎の言葉にはウソがない。小賢しい計算がない。無責任な曖昧さがない。だから強い。
 そんな太郎の言葉たちに包まれる体験をしてみたい。そう考えてこの展覧会をつくった。
 人間、だれでも、生きている以上はつらぬくべきスジがある。
 岡本太郎はそう言った。次はぼくたちの番だ。

岡本太郎記念館 館長 平野暁臣


『インターネット割引クーポン』
下記よりダウンロード頂けます。印刷してご利用下さい。


■ギャラリートーク(※予約不要)
館内展示作品解説を交え、岡本太郎の魅力をたどっていきます。
(15分〜20分程のご案内になります)

10月15日(水) 14:00
11月12日(水)14:00
12月11日(木)14:00
1月15日(木)14:00
※日程は稀に変更になる場合がございます。ご了承下さい。

 

展示協力:  タナカカツキ/相賀旭紀/神戸 睦/福井正紀/大口 遼/株式会社テン

 
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI