岡本太郎記念館

岡本太郎の沖縄2016年7月6日(水)〜10月30日(日)

協力:(株)沖縄テレビ開発
永田 砂知子

開催概要

 1959年11月、岡本太郎は返還前の沖縄にはじめて降り立ちます。
 久しぶりの骨休め。筆記用具を肌身離さずもち歩いていた敏子が、このときばかりはノートももたずに出かけました。ところが到着した途端にバカンス気分は吹っ飛びます。目の前に広がる光景があまりに刺激的だったからです。
 そこで太郎が見たものは、現代人がどこかへ押しやり、失ってしまった日本でした。
 「忘れられた日本」、そして「ほんとうの日本」。
 清冽に生きる沖縄の人々に、日本人の、そして自分自身の根源を見たのです。さぞ嬉しかったにちがいありません。
 震えるほど感動した太郎は、夢中になってシャッターを切りました。直感と感動だけを頼りに、対象にギリギリっと寄って、バシャバシャっと撮る。太郎がのこした写真の数々には〝岡本太郎の眼〟が定着しています。
 このとき太郎が切り取った沖縄を見てほしい。太郎の感動を追体験してほしい。それが本展の動機です。太郎が撮影した写真とともに、当時の貴重な記録映像をご覧いただきます。
 「これこそ、オレたち自身なんだぞ、日本そのものなんだぞ」
 岡本太郎はそう言いました。
 岡本太郎が見た沖縄をどうぞお楽しみください。

岡本太郎記念館 館長 平野暁臣

ギャラリートーク

館内展示作品解説を交え、岡本太郎の魅力をたどっていきます。

日時 :
  • 7月15日(金)14:00~
  • 8月19日(金)14:00~
  • 9月15日(木)14:00~
  • 10月13日(木)14:00~

※予約不要。15分〜20分程のご案内になります。
※日程は稀に変更になる場合がございます。ご了承下さい。

インターネット特別割引券

Taro Okamoto Memorial Museum