岡本太郎記念館

ようこそ爆発空間へ!

ここ岡本太郎記念館は、1996年、八十四歳で亡くなるまで、岡本太郎のアトリエ兼住居だった。1954年から五十年近くも彼が生活した空間である。
絵を描き、原稿を口述し、彫刻と格闘し、人と会い、万国博の太陽の塔をはじめ巨大なモニュメントや壁画など、あらゆる作品の構想を練り、制作した場所。
彼のエネルギーが今も満ち満ちている。
更に言えば、ここは戦前は青山高樹町三番地。
岡本一平・かの子・太郎の一家が永く暮らし、一家でヨーロッパへ旅立ったのもこの地からだ。旧居は戦災で焼失した。
戦後、友人の坂倉準三の設計でアトリエを建てた。
ル・コルビュジェの愛弟子だった坂倉は太郎の求めに応じ、ブロックを積んだ壁の上に凸レンズ形の屋根をのせてユニークな建物を作った。当時話題をよんだ名建築だ。
岡本太郎の作品は一人の人間の枠を超えて多彩にひろがる。そのすべてがここから閃き出た。膨大なデッサンやエスキース、彫刻、また戦後文化のうねりを伝える資料の山。
これから折々に整理して、お目にかけたい。

開館時間・料金

開館時間 10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日 火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/4)及び保守点検日。 但し2016年7月4日(月)は臨時休館いたします。
観覧料 一般 ¥620(¥520)
小学生 ¥310(¥210)※( )内は15人以上の団体料金

インターネット特別割引券

Taro Okamoto Memorial Museum

施設設備について

  • ・記念館の駐車スペースはございません。建物の正面にコインパーキングがございます。
  • ・館内は靴を脱いでお上がり頂いています。

交通案内

東京メトロ
【銀座線】・【千代田線】・【半蔵門線】 『表参道』駅より徒歩8分
都営バス(渋88甲系統)
【新橋駅前行】【渋谷駅行】 『南青山六丁目』下車徒歩2分

地図

〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19 
TEL:03-3406-0801 FAX:03-3409-5404